おまとめローンのデメリットとリスク

おまとめローンという言葉は、耳にしたことがあると思う。
しかし、どこでやっているのか、どのように利用するのかは、知らない人もいるだろう。
なんでもおまとめできるから、おまとめローンというわけではないのだ。
おまとめローンは、銀行と消費者金融の二つがある。
よく知られているのが、個人向けの無担保の融資だ。
対象者は個人で、法人向けも有る。
しかし、個人向けとは違って、金利や限度額が変わってくる。
また、事業性資金としての利用はできないのだ。
銀行の個人向けカードローンは金利が低いので、おまとめローンをするなら銀行でという考えがある。
しかし、審査が厳しいのでなかなか簡単には利用できない。
消費者金融は、事業性資金は大丈夫なのだが、限度額が低いのだ。
銀行と消費者金融の話をしたのだが、ここからはおまとめローンを利用するとどうなるのかを調べた。
おまとめローンをするときに注意しなければならないのが、一つにまとめたからといって、安くなったり金利が下がったりといいことばかりではない。
リスクやデメリットもあって、一つにまとめたのに利息が高くなった人もいる。
また、月々の返済額が下がり、ラッキーと思うだろうが、利息が高くなるので、結局は高く支払わないといけなくなった人もいる。
10000円支払いが少なくなっただけで利息が高くなる場合もあるので、要注意だ。
また、浪費グセなどがある人は、お金がひとまとめになると、さらに借金をしてしまいそうになる。
これは、本当にだめなことだ。
ひとまとめになったからといって、なくなったわけではない。
また、審査がとても厳しい。
特に銀行のおまとめローンはかなり厳しく、他社から借り入れしているのをさらに借り直しても、この人は返済能力はあるのかを問われる。
本当に払えなくなってきているのなら、債務整理も頭にいれておくべきだ。
こうやってデメリットやリスクをみていると、本当に利用してもいいのかと疑問がうまれる。
しかし、やってみないとわからないことだ。
まずは、おまとめローンができるか、審査が通るかを窓口で相談するべきだ。
最初からやってもいないのに、審査が厳しいからといってやめてしまうときっと後悔する。
いろいろなことを調べてもらった上で損はしないとわかったら審査に申し込み、だめかもしれないけど、もし通ればラッキーという気持ちでいくのがベストだ。
とにかく、審査が通らないとどうにもならないことなので、窓口へ行くべきである。

カテゴリー: 未分類 | おまとめローンのデメリットとリスク はコメントを受け付けていません。

任意整理をすると取り立ては即日ストップされる?

任意整理を検討している方の中には、毎日の債権者(消費者金融や銀行)からの督促に精神的なストレスを抱えているという方も多いのではないでしょうか。
債権者が金融機関である場合、返済日を過ぎても返済が行われない場合には次の返済スケジュールが決まらない限り何度でも電話やハガキで督促をしてきます。
債権者の数が複数である場合には、場合によっては1日中電話がかかってきているというケースも少なくないでしょう。
弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼して任意整理を行うと、債権者からの督促を即日ストップしてもらうことが可能です。
専門家に任意整理の着手を依頼すると、その時点で専門家から債権者に対して「受任通知」がおこなわれます。
受任通知を受け取った金融機関は督促を即日ストップしなければならないと貸金業法に定められているため、その日以降は借金の督促ができなくなるのです。
現在、借金の返済が滞ってしまい、督促の電話が鳴り止まない・・・という状態の方の場合、専門家に依頼することで督促を即日ストップしてもらうだけでも大きな精神的な余裕を得ることができるでしょう。
専門家への相談は無料でできることがほとんどなので、検討してみると良いですよ。

カテゴリー: 未分類 | 任意整理をすると取り立ては即日ストップされる? はコメントを受け付けていません。

破産手続きの期間はどのくらいかかるのか

自己破産手続きの期間には債務者が事情や債務状況などを弁護士に依頼しているかで違いがありますが、スムーズに行われれば三ヶ月から一年程となっています。
つまり半年くらいを考えておくといいでしょう。
もし弁護士に依頼するのであれば、当然ですが任せた方が早く済ませることもできます。
ですがもし悪徳弁護士と呼ばれる方に任せてしまったら、いつまで経っても変化が起きないかもしれません。
破産手続き開始決定から免責許可が決定されなければいけませんが、即日面接と言う制度もあり、これはその日に弁護士が裁判官と面接して債務者が支払い不能を打判断させると手続きが開始されます。
ですがこの場合には弁護士が代理人となっていることが条件として挙げられます。
脚武者本人がすることは認められていないので、弁護士に相談して検証することが期間としてもスムーズに済ませることができるでしょう。
あた司法書士の場合ですと、本人申し立てになるので、即日面接は利用することができません。
また破産手続きを決定後には債務者に財産などがある場合には同時廃止となり、引き続き免責破産手続きをに移りますから、早い期間内に済ませられる可能性も高い割合であります。

カテゴリー: 未分類 | 破産手続きの期間はどのくらいかかるのか はコメントを受け付けていません。

任意整理を利用したその後の影響を知っておくこと

任意整理のような債務整理の手段を利用すると、その後の生活に多少なりとも影響を与えますのでどのような違いが出るのかを知っておく必要があります。
任意整理のその後の生活に関しては、まずお金を金融機関等から借りることができなくなります。
これは、信用情報という情報に債務整理を利用して借金の返済を行ったという事情が記載されてしまうからです。
お金を借りるときには、必ずこの信用情報を閲覧して金融機関は返済能力があるのかどうかを判断しますので信用情報に都合の悪い情報が書かれてしまうことは覚悟しておく必要があります。
基本的に、大きな影響があるのはこれくらいなのでほかは気にしなくても大丈夫です。
そして、この信用情報に関する記載も時間を経過したその後にはその情報が削除されますので安心して問題ありません。
任意整理による制限は、一定期間のみの制裁であるためその期間が経過して信用情報の中身が更新された時には、任意整理をしたとしてもまたお金を借りることができるようになりますので、この点に関してはしっかりと理解しておかなくてはいけません。
債務整理は債務者に対して罰を与える手段ではないのでその前提を間違えないようにしておきましょう。

カテゴリー: 未分類 | 任意整理を利用したその後の影響を知っておくこと はコメントを受け付けていません。

膨れ上がる借金でお悩みの方は、「任意整理」を

「債務整理」には難しそうな印象があり、また、個人破産してしまうというイメージをお持ちの方が多いかもしれません。
しかしそれは本当の最終手段であり、それ以外にも方法はたくさんあります。
債務整理の中には、裁判所に仲介となってもらう「特定調停」がありますが、この場合には弁護士や司法書士を介さず自分で和解交渉をしなければならないため素人には難しく、「個人再生」という方法も、専業主婦など、本人が収入を得ていない女性などの場合には対象となりません。
しかし「任意整理」であれば、弁護士や司法書士が仲介となって債権者との交渉を行い、誰にも知られず返済していくことが可能なので、女性でも比較的簡単に行うことができます。
「任意整理」とは、借金の金利分をカットしてもらう方法のことです。
元金の残高はそのまま返済していくことになりますが、このまま利息ばかりを返済してなかなか元金が減らせない状況に陥ってしまうことを考えれば、今後の支払い状況はずいぶんと楽になります。
また、過払い金が発生している場合にはその分を差し引いてもらえますので、さらに楽になります。
誰にも言えない借金を抱えて悩んでいる女性でも気軽に相談できる、女性専用の法律事務所もあるので安心です。
まずは専門家に相談して、任意整理を受けられるように早めの対策を取りましょう。

カテゴリー: 未分類 | 膨れ上がる借金でお悩みの方は、「任意整理」を はコメントを受け付けていません。

破産後の交付要求について

破産をする時の流れとしては、まずは裁判所への届出を出すことになります。
これは弁護士などの法曹資格を持っている人に依頼します。
その後、裁判所に対する交付要求が起きます。
そして、実際にどの程度の債権があるのか、と言うのが調査されて、債権の確定が行われます。
これまでに結構な時間がかかることも多いです。
その後、破産管財人による配当が行われるようになります。
債権は主に3つにわけられるようになります。
租税債権と財団債権と破産債権です。
これを区分して、それぞれの債権者が破産管財人などに交付要求をすることになります。
但し、交付要求の相手が裁判所であることもあります。
しかし、どんな場合においても、最終的な配当に関しては管財人が行うようになっています。
一括で把握することによって、混乱を避ける狙いがあります。
物凄く大変な行為ではありますが、公正である必要がありますし、また、少しでも支払いができる財産があればキチンと把握しておくべきでしょう。
ちなみに要するに足りない分が出てくるわけですが、これは諦めるしかないですが、税金に関しても個人としては免除されることはないです。
これは分割でも支払う義務がありますから、覚悟することです。

カテゴリー: 未分類 | 破産後の交付要求について はコメントを受け付けていません。

自己破産した場合に弁護士に依頼するメリットについて

債務者が多額の借金や住宅ローンなどの債務を抱え、所有している全ての資産を処分したとしても弁済ができない場合に自己破産の手続きを取ります。
申請書類の作成、財産の調査、裁判所への自己破産の申し立てなど、自分で行わなければならない事は数多くあります。
そして、大抵の場合、その自己破産に至るまでに様々なトラブルを抱えている状態にあり、心身共に疲れきっている状態で、更にその上、手間の掛る作業が山積みで堪りません。
しかし、そのような時に頼りになるのが弁護士です。
弁護士を破産者の代理人として立てれば、面倒な手続きは全て行ってくれ、弁護士と裁判官が面接を行い、債務者は支払不能と判断されれば、その日の内に破産手続き開始決定が下さる事も、場合によっては可能となります。
すなわち、面倒な手続きや作業からは早いタイミングで解放される可能性が出てきます。
大抵の債務者は、このようなケースの場合の知識はあまり備えていないケースが多いので、プロである弁護士に依頼すれば、分からない点や難しい点など解決して貰えるので、安心感を得る事ができます。
他にも、弁護士に依頼する事で悪質な債権者からの取り立てが止まったり、免責許可の決定が受けられる可能性が高くなる点も大きなメリットと言えます。

カテゴリー: 未分類 | 自己破産した場合に弁護士に依頼するメリットについて はコメントを受け付けていません。

債務整理後の借金はどうなるのか

借金で大変になり、もう首が回らないとなったら、素直に債務整理を検討したほうがよいです。
これは自己破産とは違い、法的にすべての債務が帳消しになるわけではないです。そこを勘違いしないことです。
言い方を換えますと、交渉次第でもあります。
例えば債務整理をして、金利を停止、一部債務も減債などとなったら、かなり借金返済の負担が減ることになります。しかし、後に借金が残ることも確かです。
すべて完全になくすには、自己破産しかないですが、これは最終手段であると理解しておいた方が良いです。
債務整理の後にやることもあります。
まずは、しっかりと自力で返済できる分をするのが、筋と言うものです。
但し、やはりその後の人生などに影響がないわけではないです。
自己破産は公示されますが、債務整理はされないです。
そうした意味では多少は軽い行為になります。
しかし、信用情報は確実に傷がつきますし、そこは覚悟するしかないです。
そもそも借金を減免してもらう、或いは帳消しにしてもらうことになるわけです。
こちらも多少のリスクは甘受するべきです。
それでも尚、やったほうがよい状況の人はいます。
新しい人生を歩む為には必要になります。
悪いことではないと考えておくべきです。

カテゴリー: 未分類 | 債務整理後の借金はどうなるのか はコメントを受け付けていません。

任意整理をする専業主婦

任意整理をするまでに追い込まれる専業主婦が急増しており、社会問題として取り上げられるなどの事態に発展しています。
女性が光り輝く社会やワークライフバランス、一億総活躍社会などといった国家レベルでの取り組みが話題を集める中、仕事を積極的に行う女性がいる一方において、専業主婦を選択する女性が多いことも現実です。
ネット社会の利便性が大きく取り上げられる今、クレジットカードなどを使っての買い物などによって、知らず知らずのうちに多額の債務を抱えてしまう専業主婦が増える傾向にあります。
そんな中において、弁護士や司法書士の力を借りるなどして、任意整理をするという事態になるケースが多くなっています。
むろん、任意整理をするにあたっては、弁護士や司法書士などとの話し合いが持たれることについては当然のことですが、費用がかかることも念頭におかなくてはいけません。
債権債務の問題に強いとされる弁護士や司法書士を探すことも必要になっています。
今では、テレビコマーシャルなどを盛んに行う弁護士や司法書士も多く、借金の返済に困っている人の多くが相談や依頼を決めることもたびたびのように報じられています。
しっかりとした視点を持つことが重要です。

カテゴリー: 未分類 | 任意整理をする専業主婦 はコメントを受け付けていません。

自己破産をしたとき滞納税金はどうなるの?

自己破産をするとき、それまでの滞納税金はどうなるのか気になりますよね。
実は法律で滞納税金について決められていて、裁判所の免責決定があっても支払わなければならないとされています。しかし、全く免責されないのかというとそうでもありません。
行政との話し合いによって免責してもらえる場合もあります。
すべてが免責になるというのではなく、本税を納める代わりに延滞税を免除してもらうというようにその状況に応じて決定されます。
ただ支払を滞らせるのではなく、きちんと事情を伝えることが必要になります。
行政に悪質だと判断されると、裁判所の許可を得て財産の差し押さえをしてくる可能性もあります。
支払の意思を伝えることが大切です。
もし、一人で行政と話に行くのに不安があるという場合には自己破産を依頼している専門家に同席を依頼することも手です。
専門家とともに今後の分納の方法等行政と話し合うことで、今後の見通しも立てやすくなります。
収入の基盤がしっかりとできてから毎月何万円返済していくといった計画を行政と専門家とともに立てることで、双方に納得して支払をしていくことができます。
自己破産をしても滞納税金は免責になりません。
行政とよく相談して支払方法等決めていきましょう。

カテゴリー: 未分類 | 自己破産をしたとき滞納税金はどうなるの? はコメントを受け付けていません。